デッドスペースの有効活用

一人暮らしだと部屋のものも一人分だけですから、収納スペースには困らないように思えるものですが実際にはもので溢れかえっているという人も少なくありません。

一人暮らしの場合、小さな部屋を借りることが多いので収納スペースというのも限られたものとなりますから、その結果として上手に収納をしなければ一人暮らしにも関わらずもので溢れかえってしまうということになります。

そのような人は一人暮らしの収納テクニックを身につけることで、部屋を快適に使うことができますからできる限りの工夫をしてみると良いでしょう。

収納テクニックの基本としてはデッドスペースをどれだけ有効に活用することができるのかということがポイントとなってきますから、無駄になっている空間を探してそこにものを収納することがポイントです。
トイレの天井などにはものを収納することができるような棚が設けられていることが多いのですが、このようなものがないのであれば自ら作ってしまうという方法があります。

突っ張り棒を購入してきてその上にすのこやダンボールなどを敷いておけば、トイレットペーパーなどを収納することができるスペースが出来上がるので、部屋の中にトイレ用品を設置しなくて済みます。

同じように通路の天井にもこのような収納テクニックを使うことができ、使用頻度の少ない日用品などを置いておくと部屋が狭くならずに快適です。

トランクルームの料金の相場は?

シンク下の収納スペースを効率的に使うというのも大事なことになり、こちらも棚などを上手に活用することによって収納力をアップさせることができますから、工夫をしてみるのも良いでしょう。

服や布団などが場所を取っているという場合には、圧縮袋を利用してみるという方法があり圧縮袋を使えば、かさばるものもコンパクトにする事ができますから、その分収納するスペースが増えることになるので部屋が広くなります。ちょっとした工夫をするだけでも、部屋は広々と快適なものになるのです。
posted by tr05 at 17:00 | 収納スペース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする